歯科医師の仕事を辞めたくなる時

歯科医師の仕事を辞めたくなる時

0clips 211views

歯科医師の仕事をしていると、どんな時に辞めたいと思うのでしょうか?

目次

辞めたくなる時1:歯医者というレールに気づいた

歯科医師になるには専門の大学へ通う必要があるため、早ければ高校生の段階から準備を始めます。

6年生の大学に通い、免許をとって、臨床研修期間を終えてと。。

歯医者として1人前になるまでには、かなりの歳月を必要とします。

歯科医師の給与は研修医時代は言うに及ばず低いのですが、研修医明けでクリニックに就職しても、一般企業の新卒とあまり大差ありません。

歯医者は収入の良いイメージがありますが、駆け出しの頃は一般職種と比べてそんなに良いわけではないんです。

そこから力をつけて給与を上げるには、勤務医として経験を積む必要があります。ある程度給与をもらえる頃には、けっこう月日を重ねており、、、、

その頃になって、歯科医師の仕事が「ツラい」「辞めたい」と思い始めても遅い。

他業種に転職しようとしても・・

☆金銭的に折り合いがつかない
歯に関するスキルしかない 

といった現実にぶつかってしまいます。

転職するには難しい状況となり、潰しが利かない状態に陥ってしまいます。
これは、一度歯医者というレールに乗ってしまうと、そのレールから抜け出すことは極めて難しいコトを意味しています。

トラブルになりやすい患者さん

出典元:instagram

辞めたくなる時2:ハードな診療に疲れた

歯科医師の仕事は想像以上にハードです。
朝家を出て、フル回転で仕事して、帰宅してからはグッタリ。ご飯を食べて寝るだけの生活になるなんてこともザラです。。

口の中を器具を使用して治療していく行為は、それぞれ難易度の差こそありますが、ほぼ外科医のオペに近い行為になります。
体力・集中力の勝負になるのは、言うまでもありません。精神的にも肉体的にも疲れ切ってしまいがちです・・

辞めたくなる時3:コミュニケーションが辛い

治療以外もやらなくてはいけないコトは沢山あります。歯科医師は患者さんのカウンセリングなど、密なコミュニケーションが求められる場面も多いです。

患者さんの気持ちを考えず、言いたいコトだけ言ってたら、集患数はみるみる減っていきます。信頼関係を築きながら、コミュニケーションするのはとても気を遣い疲れる・・

良い患者さんだけ来てくれれば何も問題ありませんが、口を開けば「不平・不満」ばかりの人が一定数います。こうした患者さんの対応に追われるとメンタルが擦り切れて疲弊してしまいます。

補足ですが、クレーマー気質の患者さんは、自費診療の患者さんより保険診療の患者さんにより多く見られる傾向にあります。
経済的に余裕ある自費診療の患者さんは、理性的な大人の話合いに応じてくれる確率が高いのでトラブルになりずらいのかもしれません。 ※保険診療よりも材料の質が良いので、不具合が起きずらいだけ??

 
 

デンタルハッピーDrでは、あなたにとって最適な歯科医院をご紹介しています。
転職のサポートを受けたい方は、無料登録がオススメです。

© デンタルハッピーDr