非常勤が「フリーランス向き」の歯科医師にイチオシな理由。

非常勤が「フリーランス向き」の歯科医師にイチオシな理由。

1clips 1,155views

勤務医として働くなら、あなたは「常勤」「非常勤」どちらを選びますか?
それぞれのメリット理解してますか?

常勤のメリット

常勤歯科医師の何よりの魅力は、生活が保障されて不安・リスクがない中、歯科治療に専念できるということじゃないでしょうか。

患者さんを担当制で診れるので、最初から最後まで見届けることで治療の充実感を得られやすいです。

非常勤のメリット

非常勤で働く大きな魅力の一つには、短時間で高収入を得られるということがあります。 時給に換算すると、常勤で働くよりも給与が高いことが多いです。

近年では、常勤と非常勤を掛け持ちしながら、フリーランスとして高収入を得ているケースも多いです。

フリーランスになる歯科医師には、
・開業についてまわる煩わしい事(借金・集患・スタッフ間コミュニケーション…)は苦手
・群れずに一匹狼タイプ
・技術力に絶対の自信がある
など独特な癖がある人が多いですが、歯科医院側からは非常勤の貴重な戦力として扱われます。

フリーランスの歯科医師(常勤・非常勤の掛け持ち)

出典元:instagram

歯科医師の年収・給与。性別・年齢・規模で違いは?

非常勤を選択する歯科医師は、目的意識という側面からフォーカスするとタイプは大きく“2つ”に分かれるかもしれません。

①「学ぶ」型

将来開業を考えている歯科医師の中には、開業までのステップとして、あえて非常勤を選択し自分に必要なことを学んでいく人も多いです。学びたいことは主に「経営」「技術」「知識」など。人それぞれ。

専門技術を学びたい場合は、特定分野(インプラント・審美・予防治療・etc)の著名な先生のもとで技術習得に励み、開業に備えて自己を研鑽できます。

歯科医院をM&Aで開業するには?

②「プライベート重視」型

プライベート重視になるのは「女医」さんが多め。
出産・育児・・と女性のライフワークに、休日調整がスムーズにできる「非常勤の働き方」がフィットするようです。

デンタルハッピーDrでは、“学ぶ型”も“プライベート重視型”も、あなたにとって最適な歯科医院をご紹介しています。
転職のサポートを受けたい方は、無料登録がオススメです。

© デンタルハッピーDr